Products

製品案内

航空灯火

 当社は、日本の航空灯火の草分けでもあり、設立の年である1919年(大正8年)には航空機着陸目標灯の特許を出願、翌年特許第64715号として認められるや離着陸用灯器・中距離目標灯を相次いで製作し、航空機黎明期の夜間離着陸の実現に大きく貢献致しました。1932年(昭和7年)には、初めて東京~福岡間に夜間航空路が開設されるのを契機に、本格的に航空灯火分野に進出し、当社製の航空灯台が各地に設置され、夜間航空路飛行の実現を支えました。

 戦後の1945年(昭和20年)には、小牧飛行場(現名古屋空港)の照明具一式を製作施工したことを機に全国の空港関係の照明分野にも進出を果たし、2007年(平成19年)には国産初のLED式誘導路灯を新東京国際空港(成田)に納入するに至りました。

 2012年(平成24年)には東日本大震災で被災した松島基地に社員を派遣し、滑走路照明の復旧に貢献したことで東北防衛局からの表彰を受けましたが、その経験から長期保存可能な乾電池を電源としたLED式非常用滑走路灯PB-3を開発、現在航空局の承認を受けた唯一の非常用滑走路灯として納入をさせて頂いております。

       

 一方、航空障害灯分野でも、1947年(昭和22年)日本第一号の航空障害灯を製作、東京芝浦及び神奈川県横須賀のガソリンタンクに据え付けし、1958年(昭和33年)には東京タワーの航空障害灯システムを一括受注する等、時代の最先端を走り続け、現在では大型風力発電施設における航空障害灯においてトップシェアを占めるに至っております。昨年は、中光度航空障害灯の大幅な小型軽量化に成功し、赤色航空障害灯(OM-3C、0M-6C、0M-7LC)を一新、ファミリー化したことで架台の共通化と設置工事の容易性、維持整備性の向上を実現しました。

航空障害灯

赤色

白色

電球

航空灯火とは

独立電源方式航空障害灯はこちら

航空障害灯の設置基準はこちら

飛行場灯火

航路標識

 当社は、1919年(大正8年)に旧逓信省航路標識管理所(現海上保安庁)の支援を受け、灯台機器の国産化を図るために、横浜に設立されて以来、ガス灯器からはじまり、電球式へと移り変わり、更には半導体制御方式、LED方式へと技術革新が進んで行く中、常に航路標識の分野をリードし、海上保安庁が扱う灯台等のほとんどを納入させていただくに至りました。

 製品ラインナップは、100年を超える年月で培った灯台機器の技術をベースに、海上の安全を担う重要な製品分を提供し続けており、大型灯台から沿岸標識、港湾標識、障害標識、あるいは簡易標識といった小型の製品までをカバーしております。LEDの将来性にいち早く着目して、1988年(昭和63年)には世界に先駆けてLED灯台の実用化に成功し、その一号機を神戸港に設置するなど業界をリードしてまいりました。

 2007年(平成19年)3月16日初点灯の沖ノ鳥島灯台を納入できたことは、単に周辺海域を航行する船舶や操業漁船の安全と運航能率の増進に寄与できるのみならず、広大な排他的経済水域を有する遠隔地の離島にあって当社のLED灯台の信頼性を証明するものと自負致しております。その後もこれまでに培ってきた技術を活用し省エネルギー化、高光度化、多機能化等技術開発に取組んでおり、独立電源による海上標識等、長寿命でメンテナンスフリーの製品を全国各地に送り出し、航行の安全を支え続けています。

航路標識

航路標識とは