日本光機工業株式会社

製品案内

航路標識

明治より我が国の灯台機器は外国製であり、国産化が急務でありました。当社は、旧逓信省航路標識管理所(現海上保安庁)の支援のもと、1919年(大正8年)に灯台機器の国産化を目的として横浜に設立されました。

以来、当社の航路標識機器は、設立当初のガス灯器からはじまり、電球式へと移り変わり、更には半導体制御方式、LED方式へと技術革新が進んで行く中、常に航路標識の分野をリードし、海上保安庁が扱う灯台等のほとんどを納入させていただくに至りました。

LEDにつきましては、その将来性にいち早く着目して、1988年(昭和63年)には世界に先駆けて、LED灯台の実用化に成功し、その一号機を神戸港に設置しました。現在も、これまでに培ってきた技術を活用して、省エネルギー化、高光度化、多機能化等技術開発に取組んでおります。

当社は、沿岸の大型灯台から、主要航路の灯浮標、漁港のブイ用の航路標識に至るまで、目的に則した各種灯器の設計・製作、航行援助システムの構築を担っております。

航路標識

「回転灯型」LU-M型灯器

「回転灯型」LU-M型灯器

LED灯器高光度型

「LED灯器」高光度型

CAAB

「灯浮標」

詳細を見る(PDF)

「防波堤灯台」LED灯器(Ⅱ型/Ⅲ型)

「防波堤灯台」LED灯器(Ⅱ型/Ⅲ型)

「防波堤灯台」LED灯器(V型)

「防波堤灯台」LED灯器(V型)

「シーバース灯」LED安全増防爆灯器

「シーバース灯」LED安全増防爆灯器

詳細を見る(PDF)

6CAF

「簡易標識」

詳細を見る(PDF)

「洋上風力」

太陽電池システム

「太陽電池システム」

詳細を見る(PDF)

航空標識

昭和8年に開設された、東京~福岡間の夜間航空路に沿って当社の航空灯台が設置されました。航空機のパイロットはこれらの航空灯台の光を頼りに、安全に飛行することができるようになりました。当社は、この航空灯台の設置から、一貫して航空照明機器の製作に取組んでまいりました。

航空灯火には、その役割から、離発着時に進入方向を示す進入灯、滑走路位置を明確に示す各種滑走路灯、滑走路とターミナルビルを結ぶ経路を示す各種誘導路灯等、また、航空機の飛行に危険障害となる煙突、鉄塔、高層ビル等の建築物の所在を示す各種航空障害灯があります。

当社はこれらの各航空照明機器の設計・製作の他、航空障害灯制御システム、陸上・船舶ヘリポートをはじめ、緊急患者搬送のための病院ヘリポート、消防庁通達による高層ビル屋上での緊急救助用ヘリポート等、各種ヘリポート照明・照明制御システムを構築しております。
また、当社製品の中光度白色航空障害灯は、エコエネルギーで注目されている大型風力発電施設において採用されて、その優れた信頼性から、今やトップシェアを占めるまでに至っております。

航空標識

「進入灯」EHU型標識灯

「進入灯」EHU型

詳細を見る(PDF)

「滑走路灯」EHB-35型標識灯

「滑走路灯」EHB-35型

詳細を見る(PDF)

「誘導路灯」ELO-38D型標識灯

「誘導路灯」ELO-38D型(LED)

詳細を見る(PDF)

NB-2型飛行場灯台

「飛行場灯台」NB-2型

詳細を見る(PDF)

「風向灯」2AL型風向灯

「風向灯」2AL型

詳細を見る(PDF)

「低光度赤色航空障害灯」OM-3C型

「低光度赤色航空障害灯」OM-3C型(LED)

詳細を見る(PDF)

OM-7LC型航空障害灯(LED)

「低光度赤色航空障害灯」OM-7LC型(LED)

詳細を見る(PDF)

「中光度赤色航空障害灯」OM-6C型

「中光度赤色航空障害灯」OM-6C型(LED)

詳細を見る(PDF)

「中光度白色航空障害灯」FX-7S-20K型

「中光度白色航空障害灯」FX-7S-20K型(キセノン閃光管)

詳細を見る(PDF)

ヘリポート照明

「ヘリポート灯」(緊急救助用照明)

詳細を見る(PDF)

heliport_03

「ヘリポート飛行場灯台」(キセノン閃光管)

T-5型改S型境界灯

「ヘリポート境界灯」T-5型改S型境界灯

レンズ・反射鏡 道路標識関連

レンズ・反射鏡

研磨・コーティング等の特殊加工サービス など
お気軽にご相談下さい。

道路標識関連

Exif_JPEG_PICTURE

「視線誘導灯」

image_products_10

「電波吸収体」

トップページへ戻る