FX-7SC-20K型(中光度白色航空障害灯)

   

品名

LED中光度白色航空障害灯

型式

FX-7SC-20K型

航空法によりビルを除く地表又は水面から60mを越え150m未満の高さの風力発電設備、煙突、鉄塔、送電鉄塔、電波鉄塔などは昼間障害標識として赤と白に塗装することが義務づけられております。
昼夜共用で使用できる中光度白色航空障害灯を設置することで、赤と白の塗装を省略することができ、建造物の塗装色を自由に選定することができます。

FX-7SC-20K型の特徴

長寿命化

LED化により光源寿命が約10年と長くなりました。(昼間モード/夜間モードの点灯比率により変動します。)

メンテナンス性向上

光源寿命到達時の交換部品は、重さ約60g、大きさは はがきサイズで厚さ約4cmと小型軽量です。さらに工具不要で交換ができる構造になっています。

軽量化

電源部の質量は小型化したことで当社従来品の約23kgから約10kg軽量化しました。

省電力化

LED化により消費電力を大幅に削減しました。

ワイド入力

切替操作をすることなくAC100V~AC230Vまでの電源に適合します。

小型化

電源部の奥行を当社従来品250mmから、180mmに小型化しました。

施工性向上

発光部に周辺照度検出器・同期装置(ワイヤレスシンクロユニット)を内蔵し、電源部に管制機能を内蔵しているため、発光部・電源部を組み合わせるだけで運用できます。

同期閃光が簡単

当社の中光度白色航空障害灯(LED)は全機、自動で同期閃光します。

1セットの構成(標準)

発光部 (全周型360°) 1台
電源部 (管制機能内蔵) 1面
付属電線 (発光部-電源部間の接続用) 1式
定格電圧 AC100V〜230V 50/60Hz
消費電力 昼間モード時:60W (120VA、AC100V時/発光部含む平均値)
夜間モード時:10W (24VA、AC100V時/発光部含む平均値)
入力最大電力 520VA以下(AC100V時)
600VA以下(AC200V時)
光源 高輝度白色LED 寿命40,000時間
(一般社団)日本照明工業会の基準に準拠 保証値ではありません。

光源交換周期 約10年
※昼夜比により変動します。保証期間6年 但し原因が当社に起因すると認められること。
※交換範囲:LEDユニットの交換

材質 発光部:アルミニウム合金、他 電源部:ステンレス合金(SUS304)
耐風圧 風速90m/sec
防水規格 IP-×5(旧防噴流形)
使用温度範囲 -30℃〜+45℃
絶縁耐圧 AC1500V 1分間
絶縁抵抗 500Vメガー 30MΩ以上
表示 積算時計、動作モード、警報表示
出力 故障信号用無電圧接点
運用モード 閃光:1.5秒毎に単閃光
同期異常:各閃光装置2〜3秒間隔で閃光
強制昼間:照度切替故障時
寿命:昼夜信号に関わらず、強制的に発光を停止
手動によるモード切替:昼夜切替
インターロック 発光部を開いた時は電源遮断
光度調整 周辺照度受光部により、昼夜2段切替
耐用年数 20年(当社類似製品の実績による)

中光度⽩⾊航空障害灯システム設置例

航空障害灯1灯のシステム例

中光度⽩⾊航空障害灯 数量 : 1組 備考 : 発光部+電源部
付属電線(12m)※1 数量 : 2本 備考 : 発光部-電源部接続⽤
電源線 5.5sq※2-3芯
外部警報線 2sq※2-2芯

※1︓航空局仕様書で12m以下と規定されています。
※2︓電源サイズは参考値です。

発光部

電源部

■オプション機器

遮光板 発光部から下方に出る光を遮光板で遮り、
グレア(眩しさ)を低減します。
設置の際はご相談ください。
警報表示盤 電源部からの警報信号を受けて状態や
警報内容を表示することができます。