FX-7SC-200K型(LED高光度航空障害灯)

   

品名

LED高光度航空障害灯

型式

FX-7SC-200K型

航空法により、ビルを除く150m以上の鉄塔、煙突、橋梁、風力発電設備などの
構造物には高光度航空障害灯又は中光度赤色航空障害灯と昼間障害標識の設置が
義務付けられています。
高光度航空障害灯を昼夜閃光させることで、昼間障害標識としての赤白塗装が
免除され景観に配慮した色が選択できます。
光源に高輝度LEDを採用したことで省電力、長寿命になっております。

3灯用システム例

・中継BOXは既存のシステムの更新の際に使用します。
・物件の高さや太さによって必要な灯数が異なります。
 ご検討の際に当社営業にご相談ください。
【】はオプションを表します。

FX-7SC-200K型(発光部)の仕様

型式 FX-7SC-200K 発光部
光源 高輝度パワーLED(白)寿命40,000時間
(一般社団)日本照明工業会の基準に準拠。 保証値ではありません。
光源交換周期 約10年(目安)
※昼夜比により変動します。保証期間6年 但し原因が当社に起因すると認められること。
光源交換範囲 LEDユニットの交換
主な材質 ステンレス鋼板、強化ガラス、金属反射鏡、その他アルミニウム合金
実効光度 昼間:200,000cd±25% 薄明:20,000cd±25% 夜間:2,000cd±25% 閃光回数40回/分
使用温度範囲 -30~45℃
耐風圧 風速90m/sec
防水規格 電源部:IP-×5 旧防噴流形
質量 発光部:28kg
耐用年数 20年(当社類似製品の実績による)

FX-7SC-200K型(電源部)の仕様

型式 FX-7SC-200K 電源部
使用電源範囲 AC90V~AC130V
AC180V~AC260V 50/60Hz
消費電力
入力最大電力
約240W(AC100V定格時 発光部を含む平均値)昼間モード時
550VA以下(使用電源範囲における最大値。発光部を含む) 昼間モード時
主な材質 ステンレス鋼板
周辺照度 昼間(Hモード)⇔薄明(Mモード)  600~300lx
薄明(Mモード)⇔夜間(Lモード)   50~ 20lx
使用温度範囲 -30~45℃
耐風圧 風速90m/sec
防水規格 電源部:IP-×5 旧防噴流形
質量 電源部:38kg
耐用年数 20年(当社類似製品の実績による)

アフターサービス

弊社は国内メーカーのため、安心の相談対応及び迅速なアフターサービスで
ご好評頂いております。
グレア検討用の角膜照度計算資料を無償にてご提供しますので、弊社までご相談ください。