日本光機工業株式会社

会社沿革

1919年(大正8年) 明治より我が国の灯台機器は外国製であり、灯台機器の国産化が急務であったため、
当社は、旧逓信省航路標識管理所(現海上保安庁交通部)の支援を受け、
灯台機器の国産化を目的に横浜に設立された。
1923年(大正12年) 関東大震災で被災した野島埼灯台をはじめ各地の灯台を、当社が早期に復旧させる。
1933年(昭和8年) 東京から福岡への夜間航空路の開設に伴い、航空路に沿って全国各地に航空灯台の建設を行った。
これにより当社は、我が国唯一の海上・航空標識の専門会社として業界に確固たる地位を築く。
1948年(昭和23年) 川崎市への本社工場移転に伴う工場拡張により、
灯台・灯浮標・飛行場照明・航空障害灯・防衛省艦船向け照明機器等、製造品目を拡大する。
1958年(昭和33年) 東京放送塔(東京タワー)の航空障害灯システムを一式受注して納入する。
1988年(昭和63年) 横浜市金沢区福浦に横浜工場を新設する。(現本社工場)
1988年(昭和63年) 世界に先駆けて、LED海上標識を実用化して神戸港に設置する。
1996年(平成8年) ISO 9001品質マネジメントシステムを認証取得する。
1997年(平成9年) LED低光度航空障害灯(OM-3C型)が航空局より承認される。
2001年(平成13年) 中光度白色航空障害灯が航空局より承認され、国内初の大型風力発電所である銚子屏風ヶ浦風力発電所
及び花咲風力発電所に設置される。
その後、風力発電所向け市場において、当社の中光度白色航空障害灯が市場占有率第1位となる。
2005年(平成17年) ISO 14001環境マネジメントシステムを認証取得する。
2007年(平成19年) 国産初のLED誘導路灯を成田国際空港株式会社(成田国際空港)に納入する。
2008年(平成20年) 本社と工場の効率的な運営を目的に川崎の本社工場を横浜工場に集約する。
2009年(平成21年) 国内で初めてLEDを使用した航路標識灯防爆製品が、安全増防爆構造検定に合格する。
2010年(平成22年) LED低光度航空障害灯(OM-7LC型)が航空局より承認される。
2011年(平成23年) 東日本大震災で被災した灯台に代わり、当社製LED非常用灯器が海の安全を守った。
2012年(平成24年) LED中光度赤色航空障害灯(OM-6C型)が航空局より承認される。
2013年(平成25年) 世界最大級の太陽光シミュレーター(7kWクセノン19灯式)を開発製作し納入する。
2013年(平成25年) 独立電源式簡易標識灯および灯浮標市場に本格的に参入する。
2013年(平成25年) 浮体式福島洋上風力発電設備に中光度白色航空障害灯及び航路標識灯を納入する。
2015年(平成27年) 埋込型誘導路灯(T-5D)が航空局より承認される。
2017年(平成29年) 高光度航空障害灯(FX-7SC-200K)が航空局より承認される。
2017年(平成29年) LED滑走路灯、進入灯他が航空局より承認される。

会社案内へ戻る