航空障害灯の設置基準

      航空障害灯は、航空機の航行の安全を確保するため、航空法第51条の規定に基づき高さ60m以上の物件には、設置することが義務付けられています。

対象物件の形状等によって、設置すべき航空障害灯の種類、設置個所、設置個数等が異なります。

弊社では従来案件での事例/実績より、航空障害灯の設置基準についてアドバイスさせて頂くことが可能ですので、もしご不明な点等がございましたらご相談下さい。

なお、最終的な航空障害灯の設置については、所管の航空局にご確認をお願い申し上げます。