日本光機工業株式会社

航空障害灯の設置基準

航空障害灯は、航空機の航行の安全を確保するため、航空法第51条の規定に基づき高さ60m以上の物件には、
設置することが義務付けられています。

対象物件の形状等によって、設置すべき航空障害灯の種類、設置個所、設置個数等が異なります。

国土交通省 航空局「航空障害灯/昼間障害灯標識の設置等に関する解説・実施要領」をご確認ください。

トップページへ戻る