航路標識とは

「航路標識法」第1条第2項において「灯光、形象、彩色、音響、電波等の手段により港、湾、海峡その他の日本国の沿岸水域を航行する船舶の指標とするための灯台、灯標、立標、浮標、霧信号所、無線方位信号所その他の施設をいう」と定められており、船舶が海上での位置を知るためや港への入港ルートの指標となる灯台や無線方位信号所、霧信号所などの総称です。日本光機工業は、光波標識(灯台、灯浮標など)、文字などを利用して知らせるその他の標識(船舶通航信号所、潮流信号所など)を製作しています。

灯火を発する夜標には以下のような種類のものがあります。
  • 灯台:船舶が航路を変更する主要点、または船位・港湾の所在などを確認する時の目標。
  • 灯標:船舶が岩礁、浅瀬等の障害物を確認する時の目標。障害物上に設置される。
  • 灯浮標:船舶が障害物の所在や航路を適切に航行する時の目標。海上に浮かべた構造物に発光部を設置する。
  • 照射灯:船舶が障害物の所在を確認する時の目標。離れた位置から障害物を照射する。
  • 導灯・指向灯:船舶が狭水道や狭い湾口などで航路を適切に航行する時の目標。指向灯は高低差のある2つの灯火により構成される。